ニキビが悪化した!?真実に迫りました!

ノンエーを使い始めて、ニキビが悪化した、という口コミや評判を見たことがあります。

 

肌質や改善までの時間に個人差がある以上、ニキビが悪化するという可能性もあるでしょう。いつでも100パーセント完璧、というものではないのですから。

 

 

では、ノンエーでニキビが悪化したというのはどういうことでしょう。

 

ノンエーを製造販売しているプライマリーのホームページに、使い始めてニキビが悪化したということについての答えがありました。

 

好転反応とは、よく使わてている言葉ですが、医学的にはないものです。ただ、一度悪化してから改善の方向に向かうことを便宜的に好転反応と使っている場合が多くあります。

 

ノンエーを使い始める前に、肌が疲れていた、機能がダウンしていたという状態のところに、ノンエーが働きかけます。すると、肌は元気になろうとして動き始めるのです。

 

新陳代謝が良くなって、肌の内側に隠れていた不要物が、肌の外側にでてきてしまうので、ニキビが悪化したと思うのです。そのまま1~2週間ノンエーを使っていると、肌はだんだんきれいになっていくのです。

 

 

一時的なニキビの悪化は、もしかしたらノンエーが合わないということも考えられます。

 

ニキビが悪化してきたと思ったら、ノンエーでの洗顔を夜だけ1回にして様子を見るという方法もあります。

 

ノンエーでニキビが悪化するのは、これからきれいになるよと肌ががんばっている状態か、肌に合わない状態です。使い続けてきれいになれば、好転反応だったということになります。

ノンエーでニキビが悪化した方の共通点は?

ノンエーでニキビが悪化したという方がいます。共通点としては、ノンエーを使い始めてから1週間くらいで、悪化が始まったということです。

 

 

これは、考えられる理由は2つです。

 

ひとつは、洗顔方法がもしかしたら間違っているのではないかということです。

 

ノンエーの洗顔は、泡立てネットを使ってしっかり泡立てることです。これで、手と肌の間に泡が入ってクッション洗顔になるのです。つまり、摩擦という刺激を避けられるのです。

 

しっかり弾力のある細かい泡を作ることで、刺激を避けられるのです。泡立ちが少ないと、手が肌に触れて、肌に刺激を与えてしまっているのです。

 

その後も、泡はしっかり流して流し残しはないか確かめているのか、タオルオフでこすってはいないか、洗顔後に肌がつっぱると感じるならさらなるケアをしないで放置してはいないか、とチェックしてみることです。

 

 

また、理由のふたつめは、好転反応ではないか、ということです。

 

疲れた肌に、ノンエーでニキビケアをしようとしています。

 

肌は、疲れたところにいきなりいろいろな成分がきてアプローチするので、びっくりします。元気になろうとして、肌の内側の老廃物を一気に外に出そうとして、ニキビが悪化します。

 

そのまま1~2週間使い続けると、今度はだんだんニキビが回復に向かってきます。ノンエーの成分が、本来の働きを発揮し始めたのです。

 

ノンエーでニキビが悪化してきた方の共通点は、使い始めて1週間ほどで悪化してきたということです。

 

→ノンエーの公式サイトはこちら