ノンエーローションの効果的な使い方。

ノンエーローションの効果的な使い方について、説明します。

 

ノンエーローションの使い方

 

まず、肌から20センチほど離します。ノンエーローションを顔全体にスプレーします。
そのあと、手でやさしくなじませます。
手でなじませることによって、スプレーしたローションがあたたまり、肌に浸透しやすくなります。

 

ニキビケアには、洗浄と保湿が大きなポイントです。

 

ローションをつける前には、ノンエーで洗浄しているので、クリアです。そのあとの保湿は大切です。

 

保湿を、ローションで行うということです。適度な保湿は、ニキビの原因菌を増やすことはありません。ニキビケアには、いいことなのです。

 

保湿できるノンエーローションは、どんな成分からできているのでしょう。

 

ニキビケアの有効成分として、カンゾウという植物から抽出したグリチルリチン酸時カリウムがあります。肌の内側の炎症も抑えてくれるのです。

 

ほかには、肌に保湿、肌荒れを防ぐ成分として、ビルベリー葉エキス、マヨナラ葉エキス、レモングラスエキス、ワイルドタイムエキス、カミツレ花エキスといったものが含まれています。

 

ノンエーローションは、洗浄してきれいになった肌のところへ化粧水のように使うのが効果的です。

 

ノンエーローションを顔から20センチ離してスプレーしてから、手でやさしくなじませます。こするのではなく、やさしくなじませてください。

ノンエージェルの効果的な使い方

ノンエージェルの効果的な使い方について、説明していきます。

 

ノンエージェルの使い方

 

ノンエージェルは、乳液のような役割をしています。肌にとっては、保湿をキープするための働きをしてくれるものです。

 

まずは、ノンエーローションを使うのは、洗顔してローションを使った後であるということです。肌を洗浄して、水分をしっかり肌に含ませてから、ローションをつけるのです。

 

手のひらに、ノンエーローションを2~3回プッシュします。顔全体になじむ分量をプッシュするのです。

 

それから、顔全体にまんべんなくのばします。こすってはいけません。刺激してしまうと、ニキビケアは交代します。刺激すると、にきびは悪化してしまうのです。

 

なので、ノンエーローションを顔全体に伸ばすときは、手を顔に当てるだけです。手の位置を動かして、顔になじませ、また手を動かすことを繰り返していきます。顔全体に手を当てることで、全体になじませていきます。

 

ノンエーローションを使うことによって、ニキビの肌に保湿ができるのです。

 

また、ノンエーローションには、油分は含まれていません。ニキビができる原因のアクネ菌が増殖するのを防ぐためです。

 

ノンエージェルを効果的に使うには、洗顔して肌がきれいになったあと、化粧水のローションで水分を与えたそのあとに使います。

 

→ノンエーの公式サイトはこちら