ノンエーとリプロスキンの特徴!

ノンエーとリプロスキンって何が違うの?
そんな疑問を分かりやすく解決します!

 

リプロスキンとは?

 

ニキビが治まった跡の肌トラブルをケアするためのローションです。
ニキビができた後にこそ重要な、柔軟性のある肌に近付けるために開発されました。

 

ニキビ肌にありがちなゴワゴワ肌に、必要な成分を充分浸透させるために、浸透力を重視。
リプロスキンならではの浸透力向上技術により、効果的に肌へ栄養成分を届けます。

 

ターンオーバー促進のための低分子ヒアルロン酸などの働きにより、色素沈着したニキビ跡をケアする効果にも期待できるでしょう。

 

 

ノンエーとは?

 

数万件もの肌トラブルの悩みに応え開発された、ニキビ用洗顔石けんです。

 

ニキビによる炎症を抑えるための有効成分グリチルリチン酸ジカリウムなどを配合することでニキビをケア。
ニキビ後の肌に栄養を与えるローヤルゼリーや、潤い成分のヒアルロン酸などによる保湿効果も贅沢に配合しています。

 

ピーリング成分や刺激に強い成分は不使用なので、敏感肌の方の肌にも馴染みやすい低刺激の薬用洗顔石けんです。

 

年代や肌質を問わず使えるため、思春期ニキビにも大人ニキビにも対応。
もちろん男性のニキビケア石けんとしても使えます。

ノンエー対リプロスキンどちらがいい?

ノンエーは洗顔石けんで、リプロスキンは化粧水。
比較しにくい両者ですが、あえて選ぶならどちらなのか比べてみました。

 

 

コスパならノンエー

 

リプロスキンは1本5,600円で、ノンエーは1個1,980円。
単純な値段だけなら、ノンエーが間違いなくお得です。

 

定期購入すれば少し安くなるリプロスキンですが、それでも最大20%オフなので4,480円。
化粧水としては高額な部類となります。

 

 

どちらもニキビへ効果アリ

 

リプロスキンにもノンエーにも、ニキビに対する有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。特に赤ニキビに効果がある成分で、抗炎症作用により肌を効果的にケアします。

 

ただ、リプロスキンには保湿効果のある成分はあまり含まれていません。
ノンエーは保湿効果のあるヒアルロン酸なども配合されているので、肌への優しさはより高いと言えるでしょう。

 

 

総合的にはノンエー

 

1個2,940円で約2ヶ月使えるノンエーは、リプロスキンよりもコスパが高い優秀な石けんです。無添加・無香料なので低刺激なのにしっかりとした洗浄力もアリ。敏感肌の女性から脂性肌の男性まで、幅広いユーザーに対応しています。

 

ただ、ノンエーは石けんでリプロスキンは化粧水なので、そもそも比べるのがナンセンス。
余裕があるなら併用、値段的に難しいならノンエーという使い方もオススメです。

 

ノンエー市販